素敵な「!」を伝えること

 

 What did the purchase bring to you?  

買う喜び、売る喜び、Designする喜び

”未来”につなぐビジネスをDesignする会社

デザイン依頼No.1「要件見直し」

iStock_000043167104XXLarge
「導入時に決めた仕様のままなので変更したいのですが
、どのように見直していいか教えて欲しい」という依頼
が増えてきています。企業の成長と共に、課題も変わり
、受けているサービスや機能に対する要望も変わり、定
期的なチェックや見直しを図ることが大事になります。

また、要件は、企業ニーズを具体化する指標でありなが
らも、コスト面では特殊性を排除する必要があります。
購買Designでは、購買要件の項目の因数分解・集約を
行い整理します。その上で企業のニーズを汲み上げ、適
正な要件の構築を実行支援します。

size72_back_clear_logo_recipe

iStock_000038071986_XXXLarge
<Recipe No.1> オフィスビル清掃の仕様変更

雇用人件費の高騰は、都市部を中心に今後も進むと言わ
れており、人件費に依存する業務委託費用もそれに比例
して高騰すると予測されています。

こうした「値上げ基調」の中で、単純な交渉によるコス
ト効率化を図ることは非常に厳しい状況になってきてい
ます。

本ビジネスデザインではこうした環境のもと、清掃委託業
務の効率化を図ることによる外部委託コントロールを実施
しました。実施事項は以下をご参照ください。

1. 現行の清掃業務の可視化
2. 課題点の確認
 実施内容、所要時間、清掃頻度、動線の確認、
 ベンチマーク分析
3. 新たな清掃業務の設計
4. エリア限定による試用実施
5. 試用検証(課題抽出と改善実施)
6. 新清掃業務の全館適応
7. 運用検証

新しいデザインによる成果:20%の業務効率化実現


iStock_000027222835XXXLarge
<Recipe No.2> 配送要件変更

物品購入において、物品に対する配送費比率の圧縮は大
きなテーマとなっています。宅配に代表される個別配送
単価はここ最近の人件費高や車両不足の影響によって上
昇基調にあり、値上げ要請を受けている企業も見受けら
れるようになってきました。
配送費比率とオペレーション効率のバランスに鑑みた要
件設定は必須となります

本ビジネスデザインではこうした環境の中で、配送要件
の見直しを図りました。実施事項は以下をご参照くださ
い。

1. 配送要件の可視化
2. 配送要件の変更項目の洗い出し
3. 各変更項目の効率化試算・検討
4. 要件変更の決定
5. サプライヤ交渉
6. 要件の変更実施
7. 運用検証(課題抽出と改善実施)

新しいデザインによる成果:30%の配送効率化実現

購買BPR(仕組みづくり)

thumbnail
購買業務の定義と業務プロセス及び運用ツールの開発

企業運営上かかる支出においては、いかに可視化し効率
化するかがポイントです。しかし、多くの企業では、情
報を一元管理する仕組みや、購買業務に係るノウハウ、
各品目ごとに必要なノウハウが属人的になってしまい、
組織的な対応ができていないのが現状です。

一般管理費の購買業務は付帯業務として扱われることが
多く、手がつけられていないケースも多々ありますが、
しかるべきプロセスを構築し、運用を支援するための仕
組みやツールを活用することで、継続的な効率化を図っ
ていくことが可能となります。

size72_back_clear_logo_recipe

Image of two young businessmen using touchpad at meeting
<Recipe No.3> 購買組織の構築

大手製造業において、間接材の購買が戦略的になされて
おらず、情報分散による非効率が生じていました。

情報を一元管理し、各工場、各事業所で分散した購買を
一元管理できるように、購買プロセスの見直し、購買管
理部門の設立を支援しました。実施事項は以下を参照く
ださい。

▶︎品目カテゴリ別購買プロセス構築
▶︎品目カテゴリ別購買体系化
▶︎購買ツールの作成
▶︎オンサイトによる実施業務支援


iStock_000004634166_Large
<Recipe No.4> 購買仕組みの構築

大手金融業においては、定期的な人事異動も多く、ノウ
ハウが発注者側でなく、取引先企業側に溜まっていく形
となってしまっており、予算統制は行っているものの、
執行統制は全くできていない、という状況でした。

各部門に分散している購買を一元管理するための仕組み
や、各部門が主体的に購買活動を実施するための仕組み
の構築を行いました。実施事項は以下を参照ください。

▶︎購買マニュアル作成
▶︎購買教育実施
▶︎購買ツールの作成
▶︎システムを利用した情報一元管理の仕組み構築

実績管理・改善提案

Cloud computing concept - Business man touch tablet pc with cloud computing icon in the air
一般管理費の購入実績を管理することは、煩雑な業務と
なるため、購入実績の管理をしない企業が多く見られま
す。

サプライヤとの単価交渉を経てコスト効率化を実施して
も購入数量や使用状況のコントロールが出来ない場合、
結果としててコスト効率化ができていない状況に陥るこ
とがあります。

購入拠点、エリア、時期、使用方法等によって、大きく
支払金額が左右される要因となりますが、それを把握し
た上で対策を講じることが必要です。


size72_back_clear_logo_recipe

62975665
<Recipe No.5> 小売業
店舗で使用する消耗品の発注管理

店舗で使用する消耗品は、その発注権限を各店舗が持っ
ているケースが多く、その使い方や買い替えのタイミン
グまで、店舗により様々なルールが存在しています。つ
まり、発注する店舗がその使い方や購入頻度を決定して
いることになります。

この消耗備品の購入実績を全店舗俯瞰的に見ると、規模
に対して多く発注している店舗や、逆に少ない店舗が現
れます。さらに、アイテムによっては購入実績のバラツ
キが顕著になります。

本プロジェクトではこうした状況の中で、そのバラツキ
を見つけ、運用オペレーションの改善と発注数量の管理
を図りました。実施事項は以下をご参照ください。

1. 消耗備品購入実績の取得
2. 店舗別 アイテム別 購入実績の可視化
3. 実績異常値店舗の抽出
4. 異常値の原因探求
5. 異常値店舗のオペレーション改善による発注抑制
6. 運用検証(課題抽出と改善実施)

新しいデザインによる成果:20%の効率化実現


iStock_000058734536_Full
<Recipe No.6>拠点で使用する備品の予算管理

拠点で使用する備品の予算は、通常、前年実績を基に策
定している企業が多く見られます。
前年実績を基に比率を掛け合わせた数字を予算とする。
一見、合理的な策定方法に見えるかもしれませんが、実
際はそうではありません。なぜなら、「前年に購入金額
が多かった拠点に多くの予算が配分される」からです。

全ての拠点が備品の正しい使い方をしているという前提
であれば、この予算配分は正しいのですが、現実との乖
離を確認し、本来の使用基準に基づきあるべき使用数量
・発注回数を算出して予算化することが必要です。

本プロジェクトはこうした状況を踏まえ、オペレーショ
ン基準に基づく備品の「あるべき使用量」を算出し予算
策定を図りました。実施事項は以下をご参照ください。

1. 備品購入実績の取得
2. 拠点別 アイテム別 購入実績の可視化
3. 運用オペレーションに基づく一人当たり使用量の
  算出
4. 拠点ごとのロケーションと一人当たり使用量の
  プロット
5. 拠点別予算案の試算
6. 購入実績と予算案の乖離分析
7. 予算案の是正、予算決定
8. 運用検証(課題抽出と改善実施)

物流効率化

36901652
どの業界においても、物流に関わる支出は大きな支出ウ
ェイトを占めています。物流は大きく5つの費用構成と
なっています。(建物費用、設備費用、庫内業務費用、
配送費用、システム運用費用)

特に配送費用は、モノや書類が移動する際には必
ず発生する費用であり、企業運営に欠かすことが
できません。企業によっては、それらの
保管に関する費用も発生します。製品購入の際に、「配
送費を製品代に含めるという条件なので、配送費はかか
っていない」と言われる企業がありますが、それは表面
上費の請求が無いだけで、実際には製品代に配送費が含
まれています。

こうした例からも、物流費用は多くの購買品目に影響し
ていることが分かります。
物流業界ではここ数年、配送費の上昇が続いています。
主な原因は労働者不足、自動車関係諸税や高速道路料金
の負担、等が挙げられます。
運送事業の原価構造は、人件費の比率(一般管理費含む
)が約45%と最も高く、労働集約型産業といえます。
固定的な費用に対して、人・車両の稼働率及び積載率を
高めることが重要となります。また、人件費に次ぎ燃料
油脂費が約15%と高く、燃料油脂価格の変動が収益性
を大きく左右します。

購入拠点、エリア、時期、使用方法等が支払金額を大き
く左右する要因となりますが、それを把握した上で対策
を講じることが必要です。


size72_back_clear_logo_recipe

iStock_000012857964XXLarge
<Recipe No.7> 共同配送の実現

本社〜支社・拠点間で書類や物品の往来があり、それに
多額の配送費を支払っている企業は多いです。

多くの企業がその費用を抑えるために、配送費の交渉を
行いますが、その結果が伴うことは少ないです。先述し
ましたが、物流業界全体で配送費は上昇傾向にあり、そ
の中でも宅配に代表される個配料金は高騰しています

本プロジェクトは、こうした状況の中で、発送拠点の見
直しと積荷業務の集約を図ることにより、配送便数を減
らすことを実現しました。実施事項は以下をご参照くだ
さい。

1. 配送実績データの取得
2. 物流フローの可視化
3. 配送契約の確認
4. 料金タリフ表 ベンチマーク検証
5. 発送拠点集約シミュレーションとリスク分析
6. 発送拠点集約スケジュール策定
7. 発送拠点集約実施
8. 運輸検証(課題抽出と改善実施)


iStock_000019103339_XXXLarge
<Recipe No.8> 物流センターの効率化

物流センター費用の全てを俯瞰的に見ている企業は多く
ありません。業務費用や配送費用に目を向けて、委託会
社に価格交渉することはありますが、そのほとんどの場
合は成果がありません。

本プロジェクトでは、物流センター費用全て(建物費用
、設備費用、庫内業務費用、配送費用、システム運用費
用)を算出し、ベンチマーク検証を行った上で、他の物
流機能との統合や分解を行い、個別に最適化を図りまし
た。実施事項は以下をご参照ください。

1. 配送実績データの取得
2. 建物、設備情報の取得
3. システム概要の取得
4. 各費用項目 ベンチマーク検証
5. 各項目 サプライヤ交渉
6. センター内業務フロー可視化
7. 他物流フローとの連携検討
8. 業務フロー、物流フローの見直し実施
9. 運用検証(課題抽出と改善実施)

業務効率改善

43932976
本社部門・事業部管理部門などのホワイトカラー業務は
多くの企業がその効率化を図り、様々な施策を採ってい
ますが、継続的な成果を上げている企業は少ないです。

業務効率化は、その必要性を認識しながらもなかなか進
まないのが現状です。大きな原因は「制度の再設計」と
「業務の可視化」ができていないことであり、以下のよ
うな問題点があります。

1. 企業特有の制度とそれに伴う業務の存在
2. 部門、セクション間での重複業務の存在
3. 業務の「過剰」がある
  (重要では無いことに工数が割かれている)
4. 業務の「使者」がある
  (外部者・部門間との業務連携の中で、「伝
  える」だけの業務が発生している)
5. 課題解決意識が低くPDCAサイクルが回っていない

これらの問題点の中では、1.が重要となります。2.〜
3.については自部門で取組を行っている事例はありま
すが、そもそも多くの業務は1.に連動しているので、
それの見直しや再設計を行うことで劇的に改善される
ケースが多いです。


size72_back_clear_logo_recipe

HiRes
<Recipe No.9> 総務部業務の効率化

総務部の単純な適性業務、適正人員を図ることは難しい
です。そこに適正標準が存在しないからです。しかし、
現場からの改善や効率化を図ることは可能です。現行業
務のムラやムダを可視化し、その業務を減らす(なくす
)、方法を変えることで大きな効率化になります。

本プロジェクトは現行業務の可視化を行い、その起因と
なる制度をひも付け、それぞれの必要性について議論を
重ねた上で業務ルールの見直しを行いました。実施事項
は以下をご参照ください。

1. 総務業務の項目洗い出し
2. 人員別 業務項目別 実施時間算出
3. 業務項目実施内容ヒアリング
4. 業務項目起因制度の確認
5. 各種制度のベンチマーク検証
6. 各種制度の見直し、再設計案作成
7. 6.に伴う業務フロー案作成
8. 制度、業務フローの設計実施
9. 運用検証(課題抽出と改善実施)

会社概要 -Company-

会社名 株式会社購買Design
資本金 10,000,000円
所在地 東京都新宿区四谷4-3-1
ワールド四谷ビル3階

TEL 03-5361-8235
FAX 03-5361-8236
ホームページ http://www.kdbox.jp/
 主要メンバー 代表取締役 / CEO
石田 典嗣

取締役専務執行役員
岡本 敬之

取締役
髙澤 貴行 (社外)

監査役
後藤 允宏 (公認会計士 税理士)

新規開拓営業本部 本部長
宮本 雅史

 主要取引先銀行 株式会社みずほ銀行 兜町支店
株式会社三井住友銀行 丸ノ内支店
株式会社東日本銀行 本店
 お問い合わせ info@kdbox.jp または お問い合わせフォームまで

リーダー紹介 -Leader-

素敵な『!』を伝えること。

私たちは、購買情報をデザインして企業経営の問題解決に貢献します。

創業以前より15年を越える経験から創出した『買う』という行為の中にある様々なプロセスを48の「集約」手法と108の「因数分解」手法に体系化し、お客様の購買活動を『フォローアップ』しています。

このノウハウは、クラウドコンピューティング上に展開され、情報流通させる仕組みとしてサービス提供しています。『買う』の力を『売る』の力に進化させ、売上拡大のノウハウへとデザインすることは、未来につながる新しい『道』を創り伝えること。私たちが目指すデザインです。

スクリーンショット 2016-02-07 13.56.01

石田 典嗣

代表取締役社長 兼 CEO

中央大学商学部経営学科卒。横河ヒューレット・パッカード株式会社(現、日本ヒューレット・パッカード株式会社)、プルデンシャル生命保険株式会社を経て、2000年にソフトバンク・コマース株式会社(現、ソフトバンク株式会社)に入社し、ソフトバンクの購買関連事業会社であるディーコープ株式会社の設立や、事業モデルの構築に貢献し、初代社長賞を受賞。

2007年にソフトバンクBB株式会社 e-Learning事業推進室長に就任し、いち早くiPhoneを活用したモバイルラーニングソリューションをチームで開発し、2009年に『日本eラーニング大賞』にて総務大臣賞を受賞。2014年に株式会社購買Designを設立し、 代表取締役社長 兼 CEOに就任。15年間に1,000社を超える購買に関わる実行を支援。

岡本

岡本 敬之

取締役 専務執行役員

宇都宮大学卒。株式会社ダイエー入社。商品本部マーチャンダイザーとして商品設計から購買業務、店舗販売に係る一連の業務を経験。

2000年にソフトバンク株式会社に入社後、購買関連事業会社であるディーコープ株式会社の設立から、サービス開発、業務設計、フロー構築を手がけ事業収益化に貢献。

その後、株式会社ベネッセスタイルケア、株式会社購買戦略研究所を経て2014年に株式会社購買Designを設立し、 取締役常務執行役員に就任。
様々な視点から購買業務を俯瞰し、それらの手法、プロセス、業務フロー、作業等の見直しを提案し、企業の業務改善に大きく貢献している。

宮本

宮本 雅史

新規開拓営業本部 本部長

神戸大学卒。横河ヒューレット・パッカード株式会社(現、日本ヒューレット・パッカード株式会社)に1977年に入社し、電子応用測定器の九州四国地区を担当した。
九州地区のお客様満足向上をめざし、熊本営業所を開設した。営業所メンバーと協力し大きく売り上げを伸ばし、31歳の時に1984年度の社長賞であるベストセールスを受賞した。

関東に転勤後、電子応用測定器部門からコンピュータ部門に移籍し、課長・部長職を経験。
1990年に全社レベルのプロジェクトJFP2のメンバーに任命され、新規ビジネスの開拓の成功に貢献した。
ヘルスケアー情報システム部門のカントリーセールスマネージャ、サービス商品販売の部長職、などを通じて、米国本社の要人との連携を実施した。
2013年3月に日本ヒューレット・パッカード株式会社を60歳で定年退職し、2014年6月に購買Designの営業本部長として勤務を開始した。

後藤

後藤 允宏

監査役

早稲田大学法学部卒。太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)を経て、後藤充宏公認会計士事務所設立を設立。
その後、株式会社ワイズテーブルコーポレーション監査役(現任)、あおば公認会計士共同事務所シニアパートナー(現任)、マニー株式会社社外取締役(現任)に就任する。

スクリーンショット 2016-03-23 15.48.06

中村 康男

顧問

慶応義塾大学 法学部政治学科卒
株式会社大和証券グループ本社専務執行役 (東京・首都圏ブロック長、営業担当役員)
株式会社大和総研 代表取締役副社長
ランスタッド株式会社 特別顧問
丸三証券株式会社 代表取締役社長を歴任。
現在は、株式会社サンワテクノス 監査役など、弊社の顧問として活躍。

スクリーンショット 2016-02-05 12.41.23

武田 雅人

SOMMIT事業部 事業部長 クラウド インテグレータ

中央大学大学院経済学研究科博士前期課程早期修了。
ソフトバンク、グリー、リクルートなどの数多くの環境でシステム開発、プロジェクトマネジメントを経験。
2015年購買Designに参画。データサイエンスやプログラミングスキルを活かし、社内外の事業の圧倒的な成長を促進させる。
対応可能言語
■コーディング
Apex / Visualforce / Lightning / Thunder / Java / Objective-C / Swift / JavaScript / Ruby / HTML / XHTML / CSS
■CMS等
Force.com(認定デベロッパー) / WordPress / Zoho / Jimdo / WiX / Google Apps /
■デザイン・オーサリング
Photoshop / Premiere / Gimp
■データサイエンス
R / TensorFlow / Tableau

スクリーンショット 2016-02-05 12.38.02

峠 圭太

フォローアップ事業部 チーフデザイナー

豊橋技術科学大学卒。1年間の会社員を経て、個人事業主として独立。人材教育教材の販売で全国No.1の売上を達成。その後も、不動産・通信・自動販売機など様々な分野で営業代理契約を結び、営業経験を深める。

2015年に株式会社購買Designに入社し、サプライヤの営業目線からみた効率的な購買方法や交渉手法を取り入れ、企業の購買業務の改善に大きく貢献している。

スクリーンショット 2016-02-07 13.54.30

土井 美穂

ビジネスデザイン 事業部

実践女子大学短期大学部卒。秘書検定2級。

オリンパス光学工業株式会社(現、オリンパス株式会社)を経て、ソフトバンクグループ会社の総務部門にて勤務。

現在は、株式会社購買Designにて完全在宅勤務対応従業員として、働き方の多様化に対応していくためのトライアルパートナーとして勤務。様々なリモート業務にチャレンジしています。小さなお子さんのいる主婦層において、眠っている労働価値のポテンシャルは大きいと感じています。この取り組みを通じて、新しいセキュアーなITネットワークを通じた労働環境の整備が進むことを楽しみにしています。

nakamurasann

中村 真一郎

ビジネスデザイン 事業部 IT エグゼクティブコンサルタント

中央大学理工学部情報工学科卒
住商情報システム株式会社(現SCSK)にて、「アパレルグループの販売管理システム」、「商社向け投資管理システム」、
「就職支援会社の持株会」の運用保守リーダーとして従事。また、 大手精密機械メーカー販社の販売管理、売上管理、倉庫管理、販売促進等のシステムの全体統括や、大手CATV会社のサーバー構築、コールセンター構築の責任者として構築実施。

技術分野:
言語:Host系(JCL COBOL等)、 .NET系(vb.net c# 等)、Java、Perl、PHP他数言語
OS:Windows,Linux,AIX,HP-UX,Solaris,OS390
DB:Oracle、DB2、SQLSERVER、Mysql、Postgress等
AP:Weblogic、Websphire、Tomcat等

資格:
基本情報技術者、応用情報技術者、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト、
情報セキュリティスペシャリスト、ITサービスマネージャ

企業理念 -Corporate philosophy-

『買う喜び、売る喜び、Designする喜び』

 

「買う」と「売る」をDesignすることで感動を創造し、世界中のマーケットを活性化します。

世界中のマーケットが活性化することで、豊かな社会を実現し、明るい未来を創ります。

感謝と敬意の気持ちを持って、笑顔で活き活きと働ける企業文化を創ります。

 

理念にもとづく「行動指針」

 

「買う」と「売る」の問題解決のための道(新たな価値、新しい技術、新鮮な情報)を創ります。

そして新たな出会い、新しい感動、新鮮な喜びを広げます

お客様の満足の大きさが、企業価値の大きさ

お客様の信頼の高さが、期待の高さ

人の成長が、企業の成長

私たちは、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)+S(スピード)を大切にし、

高速にPDCAを実行し回すことを意識して進めます。

また、その継続制を支援する仕組みとして、F(フォローアップ:探求)を加え、

かつ、組織横断的なPDCAFマトリックス組織を構築し、

その早いスピードと、実施レベルを深めていきます。

 

 

PDCA

会社のあゆみ -History-

2014年 4月14日 東京都千代田区丸の内にて創業(本店登記) 資本金5,000,000円及び
資本準備金5,000,000円
購買ソーシング事業、購買BPR事業開始
2014年 6月 1日 購買フォースデザイン事業開始
2014年 9月 1日 ビジネスデザイン部門を開設
2015年 1月15日 ドメイン変更 koubai-design.comからkoubai-design.jpへ
2015年 1月15日 東京オフィス(支店)を新設(東京都中央区京橋)
2015年 1月19日 Pepper Pioneer Club会員登録
2015年 2月 1日 IoT活用セミナー事業開始
2015年 3月 1日 購買活動フォローアップ事業開始
2015年 3月 5日 近未来技術ファクトリー(IoT)始動
2015年 4月 1日 Pepper君 入社
2015年 6月 1日 関東ITソフトウェア健康保険組合加入
2015年 9月24日 特定労働者派遣事業 受理番号 特13-319128
2015年 9月24日 資本金10,000,000円に増資(臨時株主総会)
2015年10月 1日 購買Recipe事業開始(商標登録出願)
2015年10月12日 NHKニュース9に、弊社Pepper君が取り上げられました
2015年10月15日 NHKニュースシブ5時に、弊社Pepper君が取り上げられました
2015年10月27日 第一回ビジネスデザイナー懇親会 開催
2015年11月 9日 フォース会議開始
2015年11月16日 契約デザインサービス限定リリース
2015年12月 1日 『経済界』[年末特大号]企業EYEに掲載されました
2015年12月13日 初社員旅行(能登の加賀屋ホテルへ)
2016年 1月 7日 購買Design College募集開始
2016年 3月 4日 弊社のPepper君が日本経済新聞に掲載されました
2016年 4月 1日 アクセスフォース事業開始
2016年12月 5日 東京都新宿区四谷に移転(本店移転登記)
2017年 1月 6日 クラウドインテグレーション事業開始
2017年 1月31日 『日刊 帝国ニュース』(帝国データバンク発行)の『企業Zoom up』に掲載されました
2017年 3月 5日 『サンデー毎日』(毎日新聞出版発行)の連載『会社の流儀』に掲載されました

Recruit

業務概要

  • 購買デザイナー(正社員)
  • コンサルタント(正社員)
  • 企画推進業務パートナー(正社員/パート)

勤務地

  • 本社

勤務時間

  • 9:00~18:00

休日・休暇

  • 週休2日制

各種保険

  • 健康保険組合(関東ITソフトウェア 健康保険組合)
  • 厚生年金保険、労災保険、雇用保険

応募方法

  • メールでのご応募、募集に関するお問い合わせは
    info@kdbox.jpまでお願いします。

お問い合わせ -Contact-

Find us

  • Address: 3F World Yotsuya Bld. 1-3-4 Yotsuya Shinjuku-City Tokyo
  • Phone: (+81) 03-5361-8235
  • Fax: (+81) 03-5361-8236
  • Email:

Contact us





お名前(必須)

会社名

メールアドレス(必須)

件名

お問い合わせ内容

TOPへ